Wordpressの使い方

不満はないけどロリポップからエックスサーバーに引越しするワケ?

キッズラボへようこそ!@Createkidslab

ロリポップのサーバーは安くて、PHPのバージョンも最新だから、ほとんどのプラグインも利用できて快適なんですけど…。エックスサーバーにお引越しします!

アクセスの少ない今はサーバーに関しまして不満はありませんが…

キッズくん
キッズくん
じゃ、なぜサーバーを引っ越すの? 

今後アクセスが増えて、同時アクセスが増えたとき、表示スピードに不安がちょっとあります。あくまでアクセスが増えるという希望的観測ですが…。

しかし、「アクセスを増やして、同時アクセスが増えても表示が遅くならないぐらいになる!」という目標の宣言です!

キッズくん
キッズくん
おー!目標ね!がんばれ♪

なので、不満はありませんが、エックスサーバーのwpXサーバーに引っ越します。

エックスサーバーのwpXサーバーは、実感としてwordpressと相性も良いし、アクセスが増えても表示に問題を感じたことがありません。
(別に運営しているサイトのことです)

しかも安いです!

wordpressに皆エックスサーバーを選んでブログを始めるワケ?wordpressでブログやホームページを開設する時に大切なのがサーバーです! サーバー費が安いのはもちろん大切ですが、ブログやホーム...

でも、今回は現在運営中のブログを移転なので、新規でサーバーを借りてブログをゼロからのスタートの方よりちょっとひと手間が必要となります。

以外とドメインの設定、サーバーの設定と面倒な部分があるのでブログやサイトを始めるときに、独自ドメインと最適なサーバーを契約して始めた方が後々いいですよ!

サーバー移転前に準備しておくもの

テキストエディター
これは、wordpressのファイルを書き換えるときに必要です。
ウィンドウズについてるメモ帳はダメです。フォーマットが違うので、文字化けして表示されます。
フリーでおすすめのテキストエディター
K2Editor

FTPソフト
バックアップデータをダウンロードしたり、アップロードしたりします。
フリーでおすすめのFTPソフト
FFFTP

こちらを準備していてください。

手順
  1. 現在運営しているサーバーからデータをエクスポートします。
  2. 現在運営中のwordpressからフォルダーやファイルをダウンロードします。
  3. 引っ越し先のサーバーへ①のデータをインポートします。
  4. 引っ越し先のwordpressへ②のフォルダーやファイルをアップロードします。
  5. 引っ越し先のサーバーとドメインを登録します。

お名前ドットコムでドメインを調べる

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー
『wpXレンタルサーバー』

ロリポップのデータベースをエクスポートする

データベースをエクスポートする前に、キャッシュ関係のプラグインは停止してください。

ロリポップで利用しているデータベースへアクセスします。


ロリポップのユーザー専用ページの「データベース」と進みます。現在利用しているデータベース一覧が表示されるので、サーバー移転したいドメインのデータベースの「操作する」をクリック!


データベースの「操作する」をクリックするとデータベースの情報が表示されます。

  1. 「サーバー名」をメモ
  2. 「ユーザー名」をメモ
  3. 「パスワード」をメモ「パスワード確認」ボタンを押すと表示されます。
  4. 「php MyAdminを開く」ボタンをクリック!
  1. 先ほどメモした「ユーザー名」を記入
  2. 先ほどメモした「パスワード」を記入
  3. 先ほどメモした「サーバー名」を選択します。
  4. 確認後「実行」ボタンをクリック!
  1. 「データベース名」「information_schema」という2つの項目があるので利用している「データベース名」の方をクリック
  1. データ名を開くと項目がずらりと表示されますが、上部の「エクスポート」をクリック!
  1. 「エクスポート方法」の項目は、「詳細 – 可能なオプションをすべて表示」にチェック!

下の方の項目で「生成オプション」は全部チェックを入れます。

その他の項目はそのままで、ページの一番下までいって「実行」ボタンをクリック!
データベースのエクスポートが始まり、データがダウンロードされます。

ダウンロードされたデータファイルは「○○〇.sql」というファイルです。
後ほど使います。

ロリポップのフォルダやファイルをダウンロード

先ほどデータファイルをダウンロードしましたが、こちらはシステムと記事の文章等です。

今度は、画像やwordpressのテーマなどのファイルを、FTPソフトを使ってダウンロードします。

FTPソフトはフリーがあります。こちらがおすすめです。

FFFTP

それでは、ロリポップのユーザー専用ページを開いてください。

  1. 「ユーザー設定」の項目の「アカウント情報」を開いてください。


サーバー情報の項目

  1. 「FTPサーバー」名をメモ
  2. 「FTP・WebDAVアカウント」名をメモ
  3. 「FTP・WebDAVパスワード」をメモ(表示ボタンを押すと表示されます。)

上記メモしたものをFTPソフトに入力します。

  1. ホスト名はサイト名でもなんでも大丈夫です。
  2. ロリポップのサーバー情報の「FTPサーバー」名を入力
  3. ロリポップのサーバー情報の「FTP・WebDAVアカウント」名を入力
  4. ロリポップのサーバー情報の「FTP・WebDAVパスワード」を入力
  5. デスクトップに「バックアップ」というフォルダーを作って、そのフォルダーを選択してください。ファイル一式をこのフォルダーにダウンロードします。
  6. 「/wp-content」を入力
  7. 「暗号化」をクリック!
  1. 「暗号化なしで接続を許可」にチェックを入れて「OK」をクリック!
    (チェックが入っていないとダウンロードできないファイルがあったりして止まります。)

FTTPでサーバーに接続してください。

  1. 「languages」「plugins」「themes」「uploads」フォルダーをShiftキーを押しながら選択します。
  2. 下向きの青い矢印をクリックしてダウンロードを開始します。

ページ数や画像が多い場合はダウンロードに時間がかかる場合があります。

エックスサーバーのWordPressにデータをインポート

※先にwpxサーバーにwordpressをインストールしてください。

ブログを始めるならエックスサーバーにwordpressをインストールwordpressと互換性のいいエックスサーバーの『wpX』(ダブリューピーエックス)は、データベースなどの設定の手間が無く、誰でも簡単...

ロリポップのサーバーからエクスポートしたデータファイルをwpxサーバーへインポートします。
wpxの管理パネルを開きます。

  1. 「Wordpress設定」内に表示されているドメインをクリックします。
  1. データベース管理の項目の「phpMyAdmin」のログインボタンをクリックします。
  1. 左上の項目で自分のドメインをクリックします。


wordpressを新規でインストールしたデータを削除します。

  1. 「すべてチェックする」にチェックを入れて「削除」を選択して削除します。
  1. 「インポート」をクリックし、ロリポップで最初にエクスポートしたデータベースの「○○〇.sql」ファイルを選択します。選択したら一番下の部分の「実行」をクリックします。

WordPressのファイルをアップロード準備

引越し前のロリポップサーバーからデスクトップの「バックアップ」フォルダー内にダウンロードしたファイルをエックスサーバーのwpXサーバーへアップロードします。

ダウンロードしていたFTPソフトを一度終了します。

wpxサーバーのFTP設定

設定ボタンをクリックします。

  1. 「設定変更」ボタンをクリック
  1. 「全てのファイル・フォルダーにアクセスする」にチェックします。
  2. 「設定変更(確認)」ボタンをクリックして「設定変更(確定)」ボタンをクリック

FTPアカウント情報が表示されるので、FTPソフトに新たに入力します。

  1. ホスト名はサイト名でもなんでも大丈夫です。
  2. 「FTPアカウントID」名を入力
  3. 「FTPアカウントID」名を入力
  4. 「パスワード」を入力
  5. デスクトップの「バックアップ」というフォルダーを選択してください。ファイル一式をアップロードします。
  6. 「/wp-content」を入力
  7. 「暗号化」をクリック!
  1. 「暗号化なしで接続を許可」にチェックを入れて「OK」をクリック!
    (チェックが入っていないとアップロードできないファイルがあったりして止まります。)

FTTPでサーバーに接続してください。

  1. デスクトップにダウンロードしたバックアップフォルダー内のファイルを全部選択します。
  2. 青い矢印をクリックしてアップロードします。

ロリポップからダウンロードして修正したファイルをアップロード

wp-config.phpの記述変更

ロリポップのサーバーへFTPソフトで接続して、「wp-config.php」ファイルをダウンロードします。
エクスサーバーのwpxサーバーにFTPソフトで接続して、「wp-config.php」ファイルをダウンロードします。

  1. のフォルダーをクリックして階層変えれば「wp-config.php」ファイルが見つかります。
  2. 「wp-config.php」ファイルをダウンロードします。
  1. ロリポップのサーバーからダウンロードした「wp-config.php」ファイルのピンクの部分をコピーして、エクスサーバーのwpxサーバーからダウンロードした「wp-config.php」ファイルのピンクの部分へ貼り付けます。

上書き保存してエクスサーバーのwpxサーバーへ同じ場所へアップロードします。
「wp-config.php」ファイルは大事なファイルです。間違えるとブログが表示されなくなったりします。

お名前ドットコムの「DNS」設定

お名前ドットコムでドメインを調べる

  1. メニューの「DNS」を選択してページを開きます。
  2. 「ドメインのDNS関連機能設定」にチェックして「次へ>」をクリック!

下の画面が開きます。

「登録情報は正しいので、手続きを進める」を選択して進めます。

「他のネームサーバーを利用」をクリックして進めます。

ネームサーバーの設定

ネームサーバー設定を下記の情報に変更します。

キッズくん
キッズくん
そのままコピーペーストすればいいよ!
ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp( 157.112.145.232 )
ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp( 120.136.10.243 )
ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp( 210.188.201.244 )
  1. ドメインにチェックをいれます。
  2. ネームサーバー1~ネームサーバー3まで入力します。
  3. 「設定する」ボタンを押して設定します。

ネームサーバーの変更

ドメインにサーバーネームを登録します。

サーバーの「ドメインパネル」を開きます。

  1. 「ドメイン追加設定」「ドメイン追加」「他社管理のドメインを追加する」をクリック!
  1. ドメイン名を入力します。
  2. 「Whois認証」にチェックを入れます。
  3. 「ドメインの追加」を確定してください。

独自SSL設定

セキュリティの項目の「独自SSL設定」「設定ボタン」をクリック!

「独自SSL設定」を選択後「独自SSL設定の追加」をクリック!

「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック!

以上でサーバー側のドメインとの関連付けは終わりました。

ネームサーバーの変更が完全に反映されるまでには一定時間必要となります。
数時間~24時間程度を目安としてお待ちください。

キッズくん
キッズくん
しばらくブログが表示されないので余裕を持ってセッティングした方がいいよ!




Google AdSenseで収益が劇的にアップする、50の王道必見!


あわせて読みたい