GIMP「動画で解説」

GIMPで簡単フォトレタッチの基本 画像のペイントと使い方

今回はフォトレタッチの基本の使い方を解説します。
車のボンネットに自然な感じで女性をペイントします。

GIMPを使えば誰でも簡単に仕上げられます。
写真の組み合わせで面白いフォトレタッチが仕上がります。
自由にフォトレタッチすると楽しいですよ!

GIMPで簡単フォトレタッチの基本

まずは動画を参考にしてみてください。

動画で解説フォトレタッチの練習

無料素材をダウンロードする

参考にしているページ記事内の『無料ダウンロード』ボタンをクリックすると、同じ画像や写真が無料でダウンロードいただけます!

ダウンロードして動画や記事を参考に一緒に練習してみてください!

切り抜く写真をダウンロード
無料ダウンロード

背景に使う写真をダウンロード
無料ダウンロード

GIMPでペイントするための準備

写真を読み込む

ダウンロードした2枚の写真をGIMPに読み込みます。

サイズ調整のために不透明度調整

女性の画像を車のボンネットに貼り付けるため、車のレイヤーの上に女性のレイヤーを配置します。サイズや位置を合わせやすいように不透明度を調整して半透明にします。

サイズや位置を合わせやすいように不透明度を調整して半透明にします。

ボンネットのサイズに合わせて「拡大・縮小」ツールと「移動」ツールで調整します。
調整できたら「Enter」で決定します。

調整が済んだら不透明度を100%に戻します。
調整が済んだら不透明度を100%に戻します。

GIMPでレイヤーマスクの追加

レイヤーマスクの追加

女性のレイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの追加」を選択します。

完全不透明(白)

完全不透明(白)にチェックを入れて「追加」をクリックします。
女性の画像は見えなくなります。

ブラシツールの選択

ツールボックスの中の「ブラシ」ツールを選択してツールオプション内のブラシサイズでブラシのサイズを調整します。若干太めに設定します。

描画色を白色

描画色を白色にします。

ブラシでこする

ボンネットの描きたい場所をブラシでこすっていきます。
すると女性の画像が現れてきます。

大まかに全身を浮き上がらせます。

大まかに全身を浮き上がらせます。

描画色を黒色

大まかに女性を浮き上がらせたので、描画色を黒色に変更して、輪郭部分を綺麗にしていきます。

ブラシのサイズは小さくして細かい作業ができるようにします。

輪郭部分の修正

輪郭部分をブラシで綺麗になぞっていきます。
背景が黒色の場合輪郭に黒い部分が残っても仕上がりでは気になりません。

・描画色が黒色は消していきます。
・描画色が白色は再描画していきます。

背景が白い部分

背景が白い部分は処理後目立つので綺麗に輪郭を処理してください。

綺麗に仕上げる

ブラシのサイズを調整して綺麗に仕上げます。

女性の処理終了

女性がボンネットにペイントされましたが、このままでは不自然なので馴染ませます。

ショルダーリグフィルムムービーシステムキット フォローフォーカス付



GIMPでレイヤーモードの選択

GIMPでレイヤーモードの選択

ダイアログ内の「モード」をクリックして項目の中の「スクリーン」を選択します。

「モード」をクリックして項目の中の「スクリーン」を選択

ボンネットに溶け込んだ状態になりました。
この状態では薄いのではっきりとさせます。

写真を選択

レイヤーマスクが追加されたレイヤーの左側をクリックして選択します。

レベルを選択

メニューバーの「色」⇒「レベル」を選択します。

レベル調整

グラフ右下の▲のポインターを左側に移動して女性がハッキリしてくるまで調整します。
調整できたら「OK」をクリックします。

フォトレタッチの完成

車のボンネットに女性がペイントされました。
女性が描かれた部分もボンネットの輝きが自然に表現されています。

初心者でも簡単にレタッチできたと思います!

いろんな写真を使ってフォトレタッチしてみてくださいね!

あわせて読みたい