GIMP「動画で解説」

【②初心者がVR制作】GIMPとBlenderを使ってテクスチャを3D空間に貼り付け方法 メタバース(Metaverse)

今回は、画像編集ソフトのGIMPと3DCGソフトのBlenderを使って仮想空間の部屋(メタバース)を作ります。
GIMPで加工した画像を3Dソフトでどのように使うかなどを解説します。
テンプレートも準備しましたので初心者でも簡単に作れます。
テンプレートをダウンロードして
一緒に始めましょう!

無料素材をダウンロードする

参考にしているページ記事内の『無料ダウンロード』ボタンをクリックすると、同じ画像や写真が無料でダウンロードいただけます!

ダウンロードして動画や記事を参考に一緒に練習してみてください!

使用する写真をダウンロード
コンクリート
無料ダウンロード
タイル
無料ダウンロード
フローリング
無料ダウンロード

GIMPとBlenderの使い方を動画で見る

【VR初心者】GIMPとBlenderを使って切り抜いたテクスチャをリアルに貼り付け Vol.2

 

BlenderのMy Roomテンプレート素材ダウンロード

YouTubeでチャンネル登録された方は
下のボタンよりBlenderのテンプレート素材をダウンロードしてください。(無料)

ダウンロードしたBlenderのテンプレートを使って一緒に制作していきます。
テンプレートはテクスチャマッピングやカメラ、照明が設定されています。

GIMPとBlenderのダウンロード

Blenderのダウンロードはこちらから
 ▶ Blenderの公式サイト 

gimp 日本語-ダウンロードと無料画像編集ソフトの使い方GIMPはおすすめ! サイトやブログで写真を加工したり、バナーを制作するときに便利な画像編集ソフトGIMPを知ってますか?  GIMP...

初心者のBlenderの使い方

ヘッダー

ダウンロードしたBlenderを開きます。
上部の項目はヘッダーと言いLayout、Modeling…などの各ウインドウタブがありここでワークスペースを切り替えます。

ツールバー

左側に「ツールバー」があります。
移動・回転・スケール(拡大・縮小)のツールがあります。

ビューウインドウ

赤枠内が3Dビューウインドウでここでモデリングやシェーディングなどの編集をします。

プロパティ

プロパティはレンダリング、照明、カメラなどの各設定をすることができます。

アウトライナー

アウトライナーは3Dビューウインドウ内のオブジェを選択すると選択された項目が青色に反転します。表示・非表示を切り替えたりできます。

ギズモ

X軸、Y軸、Z軸の3軸を使って360度回転させることのできるギズモといいます。
クリックしたままマウスを動かすと360度回転させて視点を変えることができます。

視点をテンキーを使って切り替えることもできます。

  • テンキー1(正面)
  • テンキー3(右側)
  • テンキー7(真上)
  • テンキー0(カメラ目線)

Blenderでテクスチャーを貼り付ける方法

shadingを選択

ヘッダーで「Shading」をクリックしてウインドウを切り替えます。

ノード

画面下のネットワークで繋がっている各設定をノードと言います。
オブジェを選択したときに各パーツのノードが表示されます。

マテリアル

平面に画像を貼り付けます。
貼り付けたい面を選択します。
表示された「画像テクスチャ」ノードの「開く」をクリックして貼り付けたい画像を選択します。

画像の貼りつき状態を確認するため「テクスチャマッピング」画像を選択します。

テクスチャマッピング

貼り付けた「テクスチャマッピング」の画像は左に回転して表裏も反転していますので修正します。

マッピング

回転を修正します。
「マッピング」ノードの回転の項目でz軸を-90度と入力します。

回転修正

「テクスチャマッピング」画像は回転して真っ直ぐになりました。
まだ反転しているので修正します。

反転修正

「マッピング」ノードの回転の項目でX軸を180度と入力します。

正しくマッピングされました

正しくマッピングされました。

Blenderで360度動画を作成します。
VRゴーグルも準備しましょう!



Blenderで画像をリピートしてタイル状にマッピング

タイル状にマッピング

「マッピング」ノードの「スケール」の項目でX軸Y軸の数字を増やしてリピートさせます。

リピートして増やす

「スケール」の項目でX軸Y軸の数字を増やしてリピートさせることでタイル状に配置することができます。

応用してタイルを貼る

タイル状に貼る方法を応用して壁にタイルをはります。
この方法のメリットは、高解像の画像を大きく貼るより高解像の画像の一部を繰り返し貼ることでメモリーを節約して大きな面も高解像度でテクスチャーを貼ることができます。

詳細は動画を参考に一緒に制作してみてくださいね!


こんな記事も読まれています。