GIMP「動画で解説」

【④初心者がVR制作】GIMPとBlenderで作った3DのVRをYouTubeにアップロードする方法 メタバース(Metaverse)

前回まで、画像編集ソフトのGIMPと3DCGソフトのBlenderを使って仮想空間の部屋に画像を貼り付けました。

今回は、画像を貼り付けた3DCGを仮想空間としてバーチャル体験できるファイル形式にしてYouTubeにアップしてメタバース体験できる方法を解説したいと思います。

ぜひ覚えてオリジナルのマイルームを作ってください。
素敵なマイルームができたらYouTubeのコメントで教えてください!

GIMPとBlenderの使い方を動画で見る

VRをYouTubeにアップ

 

BlenderのMy Roomテンプレート素材ダウンロード

YouTubeでチャンネル登録された方は
下のボタンよりBlenderのテンプレート素材をダウンロードしてください。(無料)

ダウンロードしたBlenderのテンプレートを使って一緒に制作していきます。
テンプレートはテクスチャマッピングやカメラ、照明が設定されています。

GIMPとBlenderのダウンロード

Blenderのダウンロードはこちらから
 ▶ Blenderの公式サイト 

gimp 日本語-ダウンロードと無料画像編集ソフトの使い方GIMPはおすすめ! サイトやブログで写真を加工したり、バナーを制作するときに便利な画像編集ソフトGIMPを知ってますか?  GIMP...

Blenderで360度動画を作成します。
VRゴーグルも準備しましょう!



MP4ファイルをVRメタデータに変換するソフト

Spatial Media Metadata Injector v2.1

 >> Spatial Media Metadata Injector v2.1 

上記ページへアクセスしてAssetsのMac版またはWin版をダウンロードします。

ソフトを開く

ソフトを開いたら「Open」をクリックしてレンダリングしたmp4ファイルを開きます。
「Inject metadata」をクリックして保存先を選択します。

Inject metadata

新しく追加された○○_injected.mp4ファイルをYouTubeにアップロードします。


こんな記事も読まれています。