GIMP「動画で解説」

【GIMPの使い方】ブラシツールのおもしろい使い方

今回はブラシの面白い使い方を解説します。
ブラシツールは線を描くだけでなくツールオプションで散布とランダム設定をすると意外な効果を演出できます。
初心者でも簡単ですのでぜひやり方を覚えて挑戦してください。

GIMPでブラシの使い方を動画で見る

【GIMPの使い方】ブラシツールのおもしろい使い方

無料素材をダウンロードする

参考にしているページ記事内の『無料ダウンロード』ボタンをクリックすると、同じ画像や写真が無料でダウンロードいただけます!

ダウンロードして動画や記事を参考に一緒に練習してみてください!

使用する写真をダウンロード

無料ダウンロード 無料ダウンロード

GIMPでブラシの散布の設定

「ブラシで描画」ツールを選択します。

「ブラシで描画」ツールを選択します。

ツールオプションのブラシの種類は、縁がボケていないくっきりの●を選択します。

ツールオプションのブラシの種類は、縁がボケていないくっきりの●を選択します。

ツールオプションで「散布」にチェックを入れます。

描画色を白色にして線を引くと上記の様にラインが書けます。
ツールオプションで「散布」にチェックを入れます。

「散布」にチェックを入れることで一本のラインではなく●が散布されます。

「散布」にチェックを入れることで一本のラインではなく●が散布されます。

「散布量」で散布の間隔を調整できます。

「散布量」で散布の間隔を調整できます。

GIMPのブラシツールでメルヘンに描く

背景レイヤーは黒色、テキストを配置してテキストレイヤーと背景の間に新しいレイヤーを準備します。背景レイヤーは黒色、テキストを配置してテキストレイヤーと背景の間に新しいレイヤーを準備します。
新しいレイヤーにブラシで描きます。

動的特性の項目で「Dynamics Random」を選択します。

「ブラシで描画」ツールを選択します。
ツールオプションのブラシの種類は上記と同じくっきりした●を選択します。
「散布」にチェックを入れます。

動的特性の項目で「Dynamics Random」を選択します。
上記設定で描いてみます。

「サイズ」と「散布量」を調整してイメージに近い感じにします。

「散布」でバラバラに散布され
「Dynamics Random」を選択したのでいろいろな大きさや濃さで描かれます。

「サイズ」「散布量」を調整してイメージに近い感じにします。

右下には遠近感をつけるため「サイズ」を大きくして同じように描きます。

右下には遠近感をつけるため「サイズ」を大きくして同じように描きます。

ブラシの種類を変えます。左の列で上から3番目を選択します。 描画色は薄い黄色にします。

ブラシの種類を変えます。左の列で上から3番目を選択します。
描画色は薄い黄色にします。

文字の左端をクリックしてShiftキーを押したままにします。

文字の左端をクリックしてShiftキーを押したままにします。
カーソルを動かすとパスツールの様にパスが出てきます。
クリックしながらキラキラの流れを描きます。

キラキラのサイズは小さめに調整します。

キラキラのサイズは小さめに調整します。
パスを引くようにクリックしながら描くだけなので簡単です!

無料で使える高機能画像編集ソフトGIMP


GIMPのブラシで画像をスタンプ配置

使用する写真をダウンロード

無料ダウンロード 無料ダウンロード 「色域を選択」ツールを選択してガーベラの写真の何もない透明の部分をクリックします。

「色域を選択」ツールを選択してガーベラの写真の何もない透明の部分をクリックします。
ガーベラ以外の部分が選択されるので、「選択」⇒「選択範囲の反転」を選択してガーベラを選択します。

画像の上で右クリック「編集」⇒「コピー」を選択します。

画像の上で右クリック「編集」⇒「コピー」を選択します。

「ブラシに描画」ツールを選択してツールオプションのブラシの種類をクリックすると左上に一時的にコピーしたガーベラの花が追加されています。

「ブラシに描画」ツールを選択してツールオプションのブラシの種類をクリックすると左上に一時的にコピーしたガーベラの花が追加されています。

コピーしたものは一時的にブラシの種類の中へ追加されますが、GIMPを再起動すると消えます。

「散布」にチェックを入れて「散布量」を調整します。 動的特性の項目で「Dynamics Random」を選択します。

「ブラシに描画」ツールを選択してツールオプションのブラシの種類を「ガーベラ」
サイズを小さく調整。
「散布」にチェックを入れて「散布量」を調整します。
動的特性の項目で「Dynamics Random」を選択します。

木の枝に沿ってガーベラを描いていきます。

木の枝に沿ってガーベラを描いていきます。
ブラシツールを使って簡単におもしろい使い方ができます。

詳しくは動画を参考にしてください。


あわせて読みたい