• 日. 2月 5th, 2023

GIMPはD&Dチャンネル

Photoshop無料版として使える画像編集ソフトGIMPをダウンロードから切抜きや色調整など使い方を分かりやすく解説。

GIMP 初心者でも簡単にレイアウト方法できる。8枚レイヤーマスク

続編GIMPを使ってフォトブックのページをレイアウトしてみたいと思います。

GIMPのテンプレートを準備しましたのでダウンロードして一緒に練習してください。
レイヤーマスクに写真を入れ込むだけなので簡単です!

ぜひ、フォトブック製作にも挑戦してみてください!
操作方法は動画もページ下にありますので参考にしてくださいね!

[chat face=”0e0277fb9723e32f1278d2819633d5d3.gif” name=”キッズくん” align=”left” border=”red” bg=”red”]ダウンロードする前にTwitterFacebookをフォローしてね!
>GIMPテンプレートのダウンロード [/chat]

GIMP用のテンプレートを開く

ダウンロードしたGIMP用のテンプレートを開きます。

GIMP用のテンプレートを開く

8枚の写真をレイアウトできるテンプレートです。
白い部分に写真を入れていきます。

レイヤーマスクで作業するメリット!

  1. 綺麗に配置できる!
  2. マスクのサイズに合わせるだけなので画質が落ちない!
    ※写真を縮小・拡大すると画質が落ちます。
  3. 写真の配置換えが簡単!

配置したい写真を読み込む

写真を「ファイル」⇒「レイヤーとして読み込む」かまたは、写真をGIMPにドラッグして読み込みます。

カラープロファイル

カラープロファイルを保持しますか?とウインドウが開きますので「Keep」をクリックします。

プロファイルについては、下記記事を参考にしてください。

GIMP(日本語)使い方 – 写真を開くと表示するカラープロファイルとは?

写真のサイズを整える

  1. 「拡大・縮小」ツールを選択します。
  2. 写真のサイズを調整します。
  3. 写真を入れ込むマスクのサイズに調整します。

写真とマスクを重ねる

  1. 写真を入れ込みたいマスクの下へレイヤーの重ね順を入れ替えます。
  2. マスクに重ねてサイズを調整します。

入れ込むマスクの位置に写真を配置して重ねることがポイント!

デスクトップ音声入力のオーディオインターフェースとしても屋外で撮影時のミキサーとしても使えてすごくおすすめ! ネット配信時パソコンに高音質で入力できるし、乾電池でも駆動するので屋外の撮影でも使用できます。 4チャンネル入力できて収録もできます。録音開始時にピープ音が入って編集時映像と同期が簡単!

GIMPレイヤーマスクの追加

GIMPレイヤーマスクの追加

GIMP右側のダイアログの写真レイヤーを右クリックします。

「レイヤーマスクの追加」を選択します。

完全不透明白

設定ウインドウが開きますので、「完全不透明(白)」にチェックを入れて「Add」をクリックします。

マスクレイヤー追加

  1. 写真のレイヤー内の右側に追加されたレイヤーマスクが表示されます。
  2. 写真を入れ込みたいマスクレイヤーを選択して、キーボードの「Ctrl+C」でコピーします。
  3. 写真のレイヤー内の右側に追加されたレイヤーマスク部分をクリックして「編集」⇒「Paste In Place」をクリックして貼り付けます。
    ※同じ場所に貼り付けることができます。
    ※レイヤーマスク部分を右クリック「レイヤーマスクの削除」でマスクをやり直せます。

フローティングレイヤーの固定

  1. 「フローティングレイヤーの固定」いかりマークをクリックします。
  2. マスク用の矩形を非表示にします。

写真がマスク位置に配置

写真がマスク位置に配置されました。

ここまでのやり方を繰り返して、すべてのマスクに写真を配置します。

GIMPでレイアウト完成

ページ完成

綺麗に写真がレイアウトできました!
色々なパターンのマスクを準備していたら簡単です!

GIMPでページレイアウト方法を動画で見る

フォトブックのデータ入稿がこちらでできます!

フォトブックの種類も豊富で、GIMPでレイアウト編集した完成データを入稿してフォトブック作成もこちらは大丈夫です。

キッズくん
キッズくん
仕事としても利用できるよ!

正式に注文するとテンプレートが贈られてくるので、テンプレートにレイアウトして入稿します。

>>ワンランク上の高品質なフォトブック

無料で使える高機能画像編集ソフトGIMP