GIMP「フォトレタッチ」

GIMP download-大草原に湖を作るフォトレタッチの使い方 Lesson2

キッズラボへようこそ!@Createkidslab

『GIMPのフォトレタッチLesson2』
今回は、大草原に湖を作りこむフォトレタッチをレッスンします!
レイヤーマスクの追加でブラシツールを使って合成しますがよく使われるフォトレタッチです。まずは楽しみながらフォトレタッチを体験してみてください。

記事と動画でわかりやすく解説します!
使用する素材も無料でダウンロードできるので一緒に練習してみてくださいね!

GIMP大草原に湖を作るフォトレタッチを動画で見る

無料素材をダウンロードする

参考にしているページ記事内の『無料ダウンロード』ボタンをクリックすると、同じ画像や写真が無料でダウンロードいただけます!

ダウンロードして動画や記事を参考に一緒に練習してみてください!

背景に使う写真をダウンロード
無料ダウンロード
切り抜く写真をダウンロード
無料ダウンロード

ダウンロードした画像をGIMPに読み込み

ダウンロードした画像をGIMPに読み込み

ダウンロードした写真を「背景」「湖」の順番にGIMPにドラッグして読み込みます。レイヤー分けされて写真が読み込まれます。

写真を読み込むとき「カラープロファイル」ウインドウが開きますので「keep」を選択してください。「カラープロファイル」に関しては下記の記事を参考にしてください。

GIMP(日本語)使い方 - 写真を開くと表示するカラープロファイルとは?GIMPで写真を開くと「Import the image from acolor profile(カラープロファイルデータを引き継ぎます...
レイヤーの順番を入れ替え

レイヤーダイアログで湖のレイヤーを草原レイヤーの下へ順番を入れ替えます。

GIMPレイヤーマスクの追加

GIMPレイヤーマスクの追加

草原レイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの追加」を選択します。

レイヤーマスクの追加

開いたウインドウの「完全不透明(白)」にチェックを入れて「追加」します。

塗りは黒色

塗りは黒色にします。

GIMPブラシ描画つーるで消す

ブラシツール

「ブラシ描画」ツールを選択して、ツールオプションの不透明度を100にします。
ブラシのスタイルとサイズを調整します。

ブラシのスタイルとサイズを調整します。

草原の中に湖が作りたい場所をブラシツールで描いていきます。

なぞった部分は消されて重ねてある湖のレイヤーが現れてきます。
ブラシのサイズや硬さをツールオプションで調整しながらイメージしている湖を描きます。

無料で使える高機能フォトレタッチソフトGIMP

もう一度やり直したいときは?

レイヤーマスクの削除

イメージと違う感じになった場合、再度簡単にやり直せます。
草原レイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの削除」を選択すると、マスクが消えて元の草原になります。

再度、レイヤーマスクの追加から始めてください。

川の完成

川が完成しました。
このままでもいいのですが、立体感がないので草原と川の境に影を付けます。

レイヤーを複製して影を作る

レイヤーの複製

草原レイヤーを右クリックして「レイヤーの複製」を選択して複製します。

レイヤー非表示

上の方の草原レイヤーを非表示にして、下の草原レイヤーを選択します。

草原レイヤーを右クリックして「レイヤーマスクの適用」を選択します。
草原レイヤーの色調整ができるようになりました。

彩度の調整

「色」「彩度」を選択します。

彩度を下げます

彩度のScaleを0に下げます。
彩度を0にすると白黒になります。

レベル調整

「色」「レベル」を選択します。

黒レベルを下げる

入力レベルのグラフで、左側の黒レベル側の▲を右端まで移動させます。
草原は真っ黒になります。

草原レイヤーを表示させます。

アクティブなレイヤー

「移動」ツールを選択してツールオプションでは、
「アクティブなレイヤーを移動」にチェックをいれます。

「アクティブなレイヤーを移動」にチェックを入れると、画像上でも選択されたレイヤーのみが動かせます。

不透明度を調整して影の濃さを決める

下へずらして影を付けます。
レイヤーダイアログで影のレイヤーの不透明度を調整して仕上げます。

川が完成しました

影が付いて立体的に仕上がりました。
このフォトレタッチはよく使うテクニックです。
いろいろな素材を合成してみて練習してみてくださいね!

もしよかったら、動画のチャンネル登録もお願いします!


あわせて読みたい