GIMP「動画で解説」

GIMPとBlenderを使ってメタバース(仮想空間)を体験して自分で作る!

画像編集ソフトのGIMPと3DCGソフトのBlenderを使ってメタバースを体験して楽しむプロジェクトをやりたいと思っています。
メタバースって最近よく聞きますよね?
Facebookが社名変更してMetaになりますが、メタバースのメタです。
メタバースとはインターネット上に作られた3次元の仮想空間の事です。
これからいろいろなサービスができると思いますが、まずは自分で無料のGIMPとBlenderを使って3次元のオリジナル仮想空間に挑戦したいと思います!

このYouTube動画360度動画です。
3次元の仮想空間を体験するにはVRゴーグルが必要です。

VRゴーグルをつけないで視聴もできますがVRゴーグルを付けての仮想空間をぜひ体験してみてください。価格も3,000円程度で購入きます。



BlenderとGIMPを使ってメタバースのやり方

パソコンやソファーなどが置いてありますが、通常はモデリングして制作するのですが今回は必要ありません。
この3D空間は実は『かきわり』です。舞台の背景などと同じで、平面に写真を張り付けているだけです。
だから初心者でも簡単に作れます。3Dソフトのblenderをがっり覚える必要はありません。
平面に貼り付ける方法さえ覚えれば大丈夫です。

360度 動画の作り方

モニター画面もキーボードも平面に貼り付けているだけ
ソファーと観葉植物はGIMPで切り抜いて平面に貼り付けているだけです。
たったそれだけでリアルな空間が再現できます。
壁の画像も1枚の写真をペタッと貼り付けてもいいし、タイルの様に一部分しかない写真はGIMPでシームレス化してリピートして貼り付けます。

制作方法を覚えてオリジナルマイルームのVR体験

お気に入りの家具や模様をデザインしてみんなで作品を共有するプロジェクトをやってみたいなと思っています。
おしゃれな家具やお気に入りのインテリアを配置することで個性あるマイルームが生まれると思います。
まずは一緒に制作してみませんか?

マイルームプロジェクトに共感されましたら、チャンネル登録と高評価やコメントくださいね。私もモチベーションがあがりますので!

今後の予定

●BlenderとGIMPを使って仮想空間を制作
●GIMPで画像素材の制作
●Blenderの部屋のテンプレートを使って画像を表示
●マイルームを作って投稿してもらう

360度動画を見て体験!

メタバース体験

こんな記事も読まれています。