• 日. 2月 5th, 2023

GIMPはD&Dチャンネル

Photoshop無料版として使える画像編集ソフトGIMPをダウンロードから切抜きや色調整など使い方を分かりやすく解説。

【GIMP使い方】写真の一部を切り抜き合成する基本操作

GIMPを使って写真の一部をパスで切り抜く作業は欠かせないです。
簡単に切り抜けるツールもありますが、一番きれいに切り抜くのはやはり地道に切り抜いていく方法です。

パスツールを使って、直線や曲線のパスの切り方を解説します。

記事や画像だけではわかりずらいので動画も参考に無料素材を使って一緒に練習してみましょう!

GIMPパスツールの使い方を動画で見る

無料素材をダウンロードする

参考にしているページ記事内の『無料ダウンロード』ボタンをクリックすると、同じ画像や写真が無料でダウンロードいただけます!

ダウンロードして動画や記事を参考に一緒に練習してみてください!

切り抜く写真をダウンロード
無料ダウンロード
背景に使う写真をダウンロード
無料ダウンロード

ダウンロードした画像をGIMPに読み込み

ダウンロードした写真をGIMPにドラッグして読み込みます。

ダウンロードした写真をGIMPにドラッグして読み込みます。

ツールボックスの「パスツール」を選択します。 ショートカットキー「B」

ツールボックスの「パスツール」を選択します。
ショートカットキー「B」

パスで選択しやすくするため「ズームツール」で拡大します。

パスで選択しやすくするため「ズームツール」で拡大します。

GIMPのパスツールを使って直線の練習

切り抜くBOXのコーナー①を左クリックしてポイントを置きます。 切り抜いていくBOXのコーナー②を左クリックすると①と②が直線でパスが引かれます。

切り抜くBOXのコーナー①を左クリックしてポイントを置きます。

切り抜いていくBOXのコーナー②を左クリックすると①と②が直線でパスが引かれます

上記を繰り返して直線部分にパスを引いていきます。

次の切り抜いていくBOXのコーナーが見えない場合は、「スペースキー」を押しながら画面を動かしてパスを切っていきます。

次の切り抜いていくBOXのコーナーが見えない場合は、「スペースキー」を押しながら画面を動かしてパスを切っていきます

パスを引いている途中で、前のポイント位置を修正した場合は、最後のパスポイントをクリックしてから再開します。

パスを引いている途中で、前のポイント位置を修正した場合は、最後のパスポイントをクリックしてから再開します。

デスクトップ音声入力のオーディオインターフェースとしても屋外で撮影時のミキサーとしても使えてすごくおすすめ! ネット配信時パソコンに高音質で入力できるし、乾電池でも駆動するので屋外の撮影でも使用できます。 4チャンネル入力できて収録もできます。録音開始時にピープ音が入って編集時映像と同期が簡単!

GIMPのパスツールを使って曲線の練習

曲線にしたい部分をクリックしたままでマウスを動かします。 ハンドルが出てきます。 ハンドルを動かして曲線に合わせます。

  1. 曲線にしたい部分をクリックしたままでマウスを動かします。
    ハンドルが出てきます。
    ハンドルを動かして曲線に合わせます。
  2. 進行方向のハンドルの(右側)先端部分を中心のポイント内に縮めます。
    縮めることで次のパスが引きやすくなります。

最後パスを閉じますが、Ctrlキーを押しながら最初のパスポイントをクリックします。

最後パスを閉じますが、Ctrlキーを押しながら最初のパスポイントをクリックします。

パスが閉じます。

  • パスは切り抜くBOXの若干内側に引いていきます。
  • 画面を移動するときは、Ctrlキーを押しながら画面を動かします。
  • 途中ポイントの位置を修正したときは、修正後最後のポイントをクリックしてから再開します。

GIMPでのパスを切り抜き貼り付ける方法

ダイアログ内のパスを選択して右クリックします。 「パスを選択範囲に」をクリックします。

  1. ダイアログ内のパスを選択して右クリックします。
  2. 「パスを選択範囲に」をクリックします。

画像の上で右クリックします。 「編集」⇒「コピー」を選択して選択範囲をコピーします。

パスが選択されました。

画像の上で右クリックします。
「編集」「コピー」を選択して選択範囲をコピーします。

貼り付けるためレイヤーを追加します。

貼り付けるためレイヤーを追加します。

画像の上で右クリックして「編集」⇒「貼り付け」を選択して新しいレイヤーに貼り付けます。

画像の上で右クリックして「編集」「貼り付け」を選択して新しいレイヤーに貼り付けます。

いかりマークをクリックしてフローティングを固定します。 これで新しいレイヤーに張り付きました。

いかりマークをクリックしてフローティングを固定します。
これで新しいレイヤーに張り付きました。

元の画像のレイヤーを非表示にします。 BOXが切り抜かれています!

元の画像のレイヤーを非表示にします。

BOXが切り抜かれています!

背景を合成

ダウンロードした写真をGIMPにドラッグして読み込みます。

カラープロファイルウインドウが開きます。 「Keep」をクリックします。

カラープロファイルウインドウが開きます。
「Keep」をクリックします。

カラープロファイルに関しましては、下記の記事を参考にしてください。

GIMP(日本語)使い方 – 写真を開くと表示するカラープロファイルとは?

背景の写真がGIMPに読み込まれました。

背景の写真がGIMPに読み込まれました。

読み込まれた背景写真はレイヤーが一番上になっているのでレイヤーの順番を入れ替えます。

読み込まれた背景写真はレイヤーが一番上になっているのでレイヤーの順番を入れ替えます。

BOXのレイヤーが一番上に来るように入れ替えたら完成です!

綺麗に合成できましたね!

このパスの切り方は基本ですので綺麗に切り抜けるように練習してみてくださいね。

もしよかったら、動画のチャンネル登録もお願いします!