• 土. 12月 10th, 2022

GIMPはD&Dチャンネル

GIMP(ギンプ)初心者のためのダウンロードからGIMPの使い方まで切抜きや色調整まで記事と動画で紹介します。

GIMP(日本語)使い方 照明と投影フィルターとは?

GIMPのフィルター機能を日本語化して「Light and Shadow 」を実際に使ってみます。
GIMPのフィルター機能は、フィルターを選択するだけでも、そのままいい感じにエフェクト効果があるので、初心者でもフィルターを選ぶだけで簡単です。

サンプル画像も掲載しますので、イメージに近いフィルターをぜひ使ってみてくださいね。

「Light and Shadow 」は光の輝きやライトをイメージ的に描画しますのでいろいろな場面で利用できると思います。

バナーやアイキャッチ、切り抜き文字もキラリと輝かせることもできます。

切り抜き文字はこちらの記事を参考にしてくださいね。

GIMP(日本語)使い方 – おしゃれな切り抜き文字にするテクニック

フィルター機能日本語化「照明と投影 」

  1. 照明と投影 → Bloom
    明るい部分にソフトなグローをかけて紗(しゃ)がかかったような感じ
    (レンズにストッキングをフィルター代わりに使うことがある)
  2. Light and Shadow →超新星
  3. Light and Shadow →レンズフレア
  4. Light and Shadow →きらめき
  5. Light and Shadow →グラデーションフレア
  6. Light and Shadow →ライト効果
  7. Light and Shadow →Vignette
  8. Light and Shadow →ドロップシャドウ
  9. Light and Shadow →遠近法

 

Light and Shadow → 超新星

Light and Shadow →Supernova

きらめく星を作成することができます。
光の玉の大きさや色も変えることもでき、たくさんの星を作成することもできます。

Light and Shadow → レンズフレア

Light and Shadow →Lens Flare

光のフレアー効果を演出できます。
フレアがあるだけで眩しさが表現できますね。

光のフレアーの位置を変更

XポジションとYポジションを調整することで、太陽の日差しが差し込むフレアを表現できます。写真の上部片隅から対角線上にフレアを伸ばすと、太陽の日差しが表現できるよ。

Light and Shadow →きらめき

Light and Shadow →きらめき

プレビュー画面を見ながら光と光の周りのグローの調整をします。
光も周りにうっすらと

Light and Shadow →グラデーションフレア

Light and Shadow →グラデーションフレア

プリセットの設定を選択して、「設定」タブでプレビュー画面を見ながら調整できます。
数種類の輝き方が設定されています。

Light and Shadow →ライト効果

Light and Shadow →ライト効果

太陽の光が差し込む、スポットライトがあたる様な感じができます。

Light and Shadow →Vignette

Light and Shadow →Vignette

画像の四隅が黒くけられて、ちょっと夢を見ているような雰囲気を醸し出します。

ショルダーリグフィルムムービーシステムキット フォローフォーカス付


Light and Shadow → ドロップシャドウ

Light and Shadow →Drop Shadow

写真や画像にドロップシャドーを付けます。
透明部分がある部分に影を付けます。

Light and Shadow →遠近法

Light and Shadow →遠近法

写真や画像の影を、立体的に影を付けます。

Light and Shadow →Drop Shadow設定

影の角度、影までの距離、地影の長さ、影のエッジのぼかし、影の不透明が調整できます。